So-net無料ブログ作成
魔法少女まどか☆マギカ ブログトップ

キャラクタークリエイション 魔法少女まどか☆マギカその2 [魔法少女まどか☆マギカ]

連投になります。せっかくまどかの記事を書いたので残りのまどかの作品もアップしてしまいましょう。

〇巴 マミ
マミさん.jpg
SC4のキャラクリにおける大きな欠点の一つ、帽子をかぶせると髪型が変わってしまう仕様により帽子を断念。このままではやりきれないので学校制服版も作っています。

まどかたちの先輩にあたる魔法少女。魔法少女としての経歴が長くまどかたちを先導するはずだった・・・。

おそらくまどかの知名度を上げるきっかけとなったキャラでもあるでしょう。正直な話私はまどかを2話まで見てしばらく保留していまして、他のニコニコ動画の公式放送を見ていたら「まどかを見て沈んだ気持ちを癒しに来ました」とかそれに近いコメントが多く書かれていてまどかってそんなにすごいアニメなんだと思い、視聴を再開したわけです。そして3話のアレ・・・。初見時は固まりましたね^^;本来登場人物の死というのもは感傷的になるものですが、あまりにも衝撃的過ぎて半ばトラウマになる感じでした。ましてやそこまでの展開でマミさんが自分の心の弱さを露呈していたり、まどかが魔法少女になってくれるということに嬉し泣きしてしまったり視聴者を引き付けるだけ引き付けた上でのあの展開ですよ。
虚淵氏の名前を良く知っている方やフラグに敏感な人はそこまでの展開が全部死亡フラグと予想できた人もいるみたいです。私は話に没頭するあまりそんなことにはまったく気づきませんでしたけど^^;

絶対復活するだろうと思い視聴を続けた10話にて再登場、しかし2分後再死亡^^;その後も錯乱して味方を撃ち殺すなんて展開もあってなんだか散々な扱いだったような気もします。そのことに関するネタ画像も多く作られ、描かれ、いろんな意味で愛されるキャラになったとは思いますね。私もマミさん大好きです^^
まぁ、おりこにてまだ救われるキャラにはなったと思いますよ。話の結末がちょっとアレですが・・・。

おおぅ、好きなキャラを語ると長めになってしまいますね^^;

〇シャルロッテ
シャルロッテ」.jpg
半ば冗談半分で作ったものなので細部表現は諦めてます。

3話に登場したお菓子の魔女。可愛らしい外見とは裏腹にその中に秘めたる本当の姿は・・・。

はい。マミさんをもぐもぐしちゃった魔女です。テンション高めで戦ってたマミさんが油断するには十分すぎる外見でしたね。
魔女が生まれる経緯として、魔法少女から魔女になるのと使い魔が魔女になると言う2つのパターンがありますがやはり魔法少女から魔女になったと言うのがシャルロッテに合いそうな気がします。そこら辺の2次創作ストーリとかも作られてますが、実際虚淵氏はどういった考えなんでしょうねぇ。

他に2次創作的に描かれている個人のイラストではマミさんと一緒に描かれているものが非常に多くそれらのイラストはすごく和むものが多いです。魔女として出会わなければこういった展開もありだったのではないかとも思います。


〇キュウべぇ(インキュベーター)
キュウbぇ.jpg
冗談半分その2。いや、どうやって再現しろとw

願いをかなえることを条件に少女を魔法少女へと変える生物。しかしその目論見は・・・

すごく嫌われた(愛された?w)キャラでしたよね。「ボクと契約して魔法少女になってよ」とか「わけがわからないよ」とか名台詞も多かったです。
一番面白かった声優さんのエピソードがキュウべぇを演じていた加藤英美里さんが「私もキュウべぇがこんなキャラだったとは知らなかったんです」と言ってたことですねw。まさか声優さんまでだましていたとはすごいキャラですよ。しかし今となっては加藤さんも完全にキュウべぇを自分のキャラクターとして扱っている部分がありまして、自分の出ているラジオ番組でネタ的に使っていることもありました。



ちなみに主人公のまどかはパーツの都合上断念><。あのスカートはどうやっても雰囲気が出せません。うまく作れる人がいたら参考にさせてもらいたいですね。
まどかが作れなかったから下の2匹を作ったわけですが・・・ちょっと蛇足だったかもしれませんね^^;
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

キャラクタークリエイション 魔法少女まどか☆マギカ [魔法少女まどか☆マギカ]

引越し作業の続きです。今回は大ヒットアニメ魔法少女まどか☆マギカから

〇美樹さやか
さやか.jpg


これ以上短いスカートが無いために絶対領域が表現できなかったのが悔やまれます。それが以外は全体的に納得できる出来。

なんともかわいそうな子でした。親友に思い人をNTRされたり、絶望して魔女になっちゃったりと^^;でも中の人(喜多村英理さん)はこういうキャラは好きらしいです。そのせいがあるわけではないですが4月期アニメではそふてにっ!と戦国乙女において喜多村さんが演じる役がNTRされる展開が両方とも8話において展開され「キタエリ8話の法則」なんて話題になってましたw


〇佐倉杏子
佐倉杏子SC4.jpg


複雑な服装を色使いでごまかした感じが強いです。髪型が表現できないことは最初から諦めてました。

登場時は現実主義者な悪役って感じでしたがさやかと触れ合うことで本来の目的を思い出し、魔女化したさやかを救出しに行く際まどかに協力を要請する展開はすごく好きです。結果はやりきれない方向に行ってしまいますけど^^;
最終回の「やっと友達になれたのに・・」と言う台詞はすごく切ないです。


〇暁美ほむら
ほむらsc4.jpg


納得いく出来ですがヘアバンドが仕様上髪にめり込んでしまって目立たないのが悔しいですw

物語のキーパーソン。謎が明らかになる10話の展開は始めて見たとき感動で振るえが止まりませんでした。中の人(斉藤千和さん)の演技力がハンパないです。この人がルッキーニやベッキーやケメコの声をやっていたというのが信じられないくらいキャラが違います・・・。



まどかはここ数年で一番ハマったアニメですね。DVDは初回版で全部購入。残る最終巻も予約していますし、漫画版、小説版も購入済み。外伝のおりこやスピンオフ作品のかずみにまで手を出しています。


SC4作品はまだありますが数を合わせるためいったん終了。続きは後ほど。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
魔法少女まどか☆マギカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。